未分類

レバレッジの上げすぎ注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FX は普通の為替取引とは違って、レバレッジをかけて大きく稼ぐことが可能となっています。しかしレバレッジは諸刃の刃で、 大きく稼ぐことができれば、大きく損をする可能性もあるということになります。

 

あらゆる FX の指南サイトで書かれていることですが、レバレッジを上げすぎることほど危険なことはありません。 それはどの指南サイトにも書かれているし、 FX 会社の注意事項にも書かれていることです。

 

しかし、レバレッジを上げることの危険性やデメリットの本質を理解していない人が非常に多いように思います。 レバレッジを上げすぎることのデメリットは、何も大きな損をすることではありません。 先ほども言ったように、大きな損をする可能性がある裏には、大きな利益を上げる可能性も隠れています。

 

ではなぜレバレッジはあげない方が良いのか、 その答えは、 レバレッジを上げすぎることによって感情が入ってしまうからです。 自分の許容範囲以上のお金を動かすことによって、 人間は理性をなくしてしまいます。

 

このお金を失いたくない、そのような恐怖から本来ならできるはずの冷静な判断ができなくなってしまうのです。 反対に思い通りに相場が動いたとしても、もう少し待てばこの場合のお金が手元に入ってくるんだと思ってなかなかポジションをてしまいできなくなってしまうのです。

 

そうこうしているうちに、 利食いをする機会を失ってしまって結局は負けトレードとなって終わります。 FX で勝つためには、何よりも感情を押し殺して冷静でいることが大切です 。

現在 FX 口座に入金されている金額、 FX や通常の仕事を含めた年収、 今のご自身の生活水準、 それら全てを考えておいでの身の丈に合ったトレードをすることが大切です。 レバレッジを上げすぎることによって、どうしても身の丈以上の FX 取引をしてしまう傾向にあります。 そのリスクを抑えるためにも私としてはやはりレバレッジは2倍まではおすすめかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加